よくある質問|外壁塗装なら横浜市戸塚区・泉区の株式会社スカイアールまで!

skyR
匠の外壁塗装
よくある質問

お客様から頂いたよくある質問を掲載しています。

一般リフォーム工事について
質問 部屋の床や壁のリフォームはどのくらいの周期がいいですか?
回答 人によって見た目に対する感覚の違いもある為、適した周期というのはありませんが、家をキレイで長持ちさせるための目安の周期はあります。
例えば畳は表面のいぐさを4年を目安に替えるのが良いと言われています。また、畳自体は15年〜20年を目途だともいわれます。
他にカーペット貼の床は、適時張替えされた方がいいでしょう。ダニやホコリなどを溜めやすいので掃除だけでは限界があります。もし健康について気になることがあるのなら木質フローリングにされることをおススメします。
質問 家の中に収納スペースを増やしたいです。
回答 よくあるのが台所の床下収納、階段収納などです。また、家具や机など大きなもの収納するのに屋根裏に収納を設けることもできます。
最近の家は屋根の勾配が急なものが多く、かなり広いスペースが取れている家もあります。ただ階段などで上げないといけないので、高齢者にはあまり向いていません。
質問 住みながらでも工事はできますか?
回答 マンションでも一戸建てでも住みながら施工いたします。大がかりなリフォームでも、部屋ごとや1、2階に分けて工事したりが可能です。
ただし、水廻り等の工事では、数日間キッチンやお風呂が使えない等の不便な面はでてきますので考慮しておく必要があります。
外壁屋根塗装について
質問 塗り替え時期の目安は?
回答 外壁は年月がたつと汚れや、変色、藻やカビなど見た目にも汚れてくるので分るのですが、理想的な塗り替え周期は、外壁が6年〜8年位が目安です。時期だからといって必ず行わなくても「ツヤが無くなってきた」「ヒビ割れが気になる」など気になる症状があった場合は早めに対処する事で建物を長持ちさせる事ができます。
質問 そもそも、何で塗り替えが必要なのでしょうか?
回答 コンクリート、木材、鉄などは時がたつと劣化・損傷します。塗り替えのメリットには下記のようなものが挙げられます。
1.建物を塗り替える事によって、傷んだ部分の補修、保護をします。
2.いろいろな機能をつける事もできます(防カビ、防藻、断熱)
3.塗り替える事によって、建物の寿命も延び、資産価値もアップします。
料金・お支払いについて
質問 費用はどのくらいかかりますか?
回答 同じ塗料・工程の見積りでしたら、他社より安い自信があります。ですが、見積金額だけで決めないで下さい。どのような工事内容で、素材はどのようなものか?施工するのは誰なのか…。納得できてからの契約でないと、トラブルの原因になりかねません。
具体的な費用をお知りになりたい方はお見積は無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。
質問 相談や見積は無料でできますか?
回答 ご相談、企画設計と概算のお見積までは一切費用はかかりません。
お客様からの見積りのご依頼を受けましたら、建物の寸法を計ったり、下地の状態や塗装部分の確認をします。調査によりお家の状況に適した材料の選定、金額を算出して後日、お見積を提出させて頂きます。
質問 ローンは組めますか?
回答 提携リフォームローンがございます。
固定金利、無担保など、優れた特長をもつリフォームローンを各種ご用意しています。
質問 予算の範囲内でプランを出してもらえますか?
回答 もちろんです。あらかじめ予算をお伝え下さい。定価制プランもございますので、不明確な追加費用の心配もせず、リフォームをお考えいただけます。
工事について
質問 ご近所にお知らせしたほうがいいのでしょうか?
回答 工事が始まると騒音やニオイ、車の出入りなどで何かとご近所に迷惑をかける場合もあります。
スカイアールでは、スタッフが工事前にご近所へのご挨拶回りをいたしております。
質問 住宅やマンションではなく、店舗のリフォームもできますか?
回答 もちろん出来ます。
今までも多くの店舗を手掛けさせて頂きました。またビルや工場などは当社の非住宅・システム部門で対応させて頂いております。まずはお問い合わせ下さい。
質問 工事中にプランを変更したいときはどうすればいいですか?
回答 可能です。ですがそれによって工期がのびたり、追加の費用が発生することがありますので、ご了承ください。まずは、どのようにしたいか伝えてください。それから見積りを提出します。その上で、やる・やらないの判断をしましょう。
その他の質問について
質問 アフターサービスや保証制度について教えてください。
回答 工事内容により1年から最長10年の保証制度を設けています。
定期点検(一部工事を除く)や定期会報誌の送付など、アフターサービスも細やかにご提供し、お客様とのさらなる信頼を築いてまいります。

このページの先頭に戻る